【プログラミング学習】DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)のリサーチと評価・評判

資格・スキル取得
スポンサーリンク

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)の特徴

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)は、オンラインと通学講座を通して、初心者でも本格的なプログラミングを身に付けることを目指すプログラミングスクールです。

プロのエンジニアになるために必要な知識と経験を、本当に学ぶべき順序で習得し、実際の現場で求められる即戦力を育成することをミッションとしているのが特徴です。

趣味ではなく、本当にスキルを身に付けて、プロのエンジニアとして就職・フリーランスを目指す人の為のプログラミングスクールですので、遊び半分でなく本気でプログラミングに挑みたい人に向いていると言えます。

卒業後の就職サポートも力を入れおり、多くのパートナー企業への紹介やキャリアアドバイザーによる相談会など、転職エージェント並みの本格サポートを受けることができるようになっています。

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)のメリット

  • 実践的なプログラミング
  • 最短経路で成長するために必要な学習プロセスを設計

  • オリジナルアプリが作れる
  • 自分のアイデアで設計・要件定義から開発まで行う

  • 卒業後の就業支援
  • 提携しているパートナー企業への紹介などを実施

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)の総評

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)のメインとなるプログラミングコースは、6ヶ月を掛けて即戦力になるためのプログラミングを基礎から学ぶことできます。

料金的には約30万円となり、お金も時間もある程度の余裕がなければ、通うことは難しいかもしれませんが、卒業すればそれに見合うだけのプロのエンジニアとして活躍するためのスキルを得ることができるでしょう。

エンジニアは現在でも人材不足が深刻化しており、将来的にはさらに足りなくなると言われています。1年目から月収80万円などエンジニアの待遇は上昇傾向にあり、今後もその傾向は続いていくでしょう。

しかし、いくらプログラミングに将来性があると言っても、いきなり大金を払って6ヶ月もプログラミングスクールに通う決断をできる人はなかなかいないでしょう。

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)では、受講できる全てのコースで無料の説明会が行われています。実際の雰囲気や学習方法などのついての説明はもちろん、プログラミングを学ぶ上でのキャリア相談もしてくれるので、興味があるのならまずは、無料の説明会に行ってみると良いでしょう。

更に詳しく知りたい方は↓

【こちらから公式サイトへどうぞ】