「給料が安いから辞めます」と言えば給料は上がる

安月給 就職・転職知識
スポンサーリンク

給料は不満を言わないと上がらない

「こんな安月給じゃあ、割に合わない」と自分の会社の給料に不満を抱いていても、実際にそれを経営者に伝えられる人がどれだけいるでしょうか?

「頑張っていればいつか給料が上がる」と思い、我慢して仕事をしている方は、それが幻想であると認識するべきです。

経営者は、従業員から給料に不満を言われなければ、基本的に引き上げることはしません。

ボランティアでもない限り、会社は利益を上げるのが最優先です。人件費と言うのはコストであり、安ければ安いほど良いのです。

自分自身が経営者の立場で考えてみれば、安い給料で不満を言わずに一生懸命働いてくれる従業員が、どれだけ便利であるか分かりやすいでしょう。

「給料が安いから辞めます」と言えない日本の雰囲気

本音では「給料が安いから仕事を辞めたい」と思っているのに、いざ辞めると言い出す時になると「仕事が合わなくて」「別にやりたいことがあって」と言う人がいます。

仕事を辞める理由が本音であれば問題ありませんが、日本ではなぜか「給料が安いから辞めます」と直接言うのを躊躇う方が少なくありません。

日本は、「愛社精神」「社会貢献」「やりがい」などのお金以外の部分を、仕事に求めることが正しい事であり、お金を目的にするのは悪い事であるような傾向があります。

しかしながら、多くの労働者の最大の目的は「生活の為にお金が必要」だから、給料を貰いながら仕事をしているのです。お金が目的でないなら、それこそボランティアで良いのです。

そして「給料の安さ」ではなく、「仕事が合わない」と退職理由を言えば、経営者には「給料に問題はなかったが仕事が合わなかったのか」と解釈されてしまいます。

仕事を辞めたい理由を正確に伝えなければ、会社側はそれに合わせた対応はしてくれないことをしっかりと覚えておきましょう。

手放したくない人材であれば給料は上がる

「給料が安いから辞めます」と明確に会社に伝えることは、自分の価値を会社側がどう思っているかを正確に知ることができます。

本当に手放したくない人材であるのなら、給料は確実に上げてくれるでしょう。なぜなら、仕事内容や職場環境などには不満はなく、給料のみに不満があるのですから、引き留める為には給料を上げるしか方法はありません。

もし、自分の意思を明確に伝えたのに、引き留める為に会社側が給料を上げてくれないのであれば、その時はきっぱりと辞めてしまうのが良いでしょう。

「給料が安いから仕事辞める」という最大の交渉カードを出したにもかかわらず、それに応じないと言う事は、仮に辞めずに残ったとしても将来的に給料は上がることは絶対にないと言えます。

会社は今以上の給料をあなたに支払うつもりはないと宣言したのですから、後腐れなく退職し、納得のできる給料の職場を探すなり、起業やフリーランスなど、新しい進路を模索するべきです。