「会社・仕事を辞めたい」のに我慢する日本人はおかしい

就職・転職知識
スポンサーリンク

やりたくない仕事をしていても成長しない

「仕事だから嫌なことでも我慢する」という日本人の多くが、こうした考えのもとに日々仕事をしています。

しかし、「仕事」とは働く人のモチベーションによって、その効率は大きく違ってきます。「楽しい」「やりがいを感じる」などの感情を抱けない仕事をしていても、成果を上げることはできないのです。

なによりも、嫌々で仕事をしていては、その仕事に対しての質も低下していきます。仕事が楽しく感じなければ、今の仕事に役立つスキルなども学ぶ意欲も起こらず、自分自身の成長もできなくなってしまいます。

そして、仕事に対するストレスは、精神的にも肉体的にも徐々に負担となっていき、最終的に我慢して続けた仕事によって、人生を破壊されてしまうかもしれないのです。

辞めたいと思ったら辞めるべき

「会社を辞めたら生きていけない」「再就職ができない」と考えて、「会社・仕事を辞めたい」のに我慢している日本人は非常に多く、ほとんど洗脳のように社会の常識に思われています。

昔のように、企業が一生涯を保障してくれていた時代なら別でしょうが、今の時代は大企業でも倒産する時代です。転職なども当たり前となり、フリーランスのよう個人で仕事を請負っている人も多くいる時代となってきています。

インターネットの普及によって、個人であっても仕事をする事ができるようになってきた時代で、企業の奴隷となって嫌々働くことが本当に正しいと言えるのでしょうか。

例え、会社を辞めたとしても、働くための選択肢が多く用意されている時代に、「会社・仕事を辞めたい」ことを我慢する意味はありません。

我慢するから企業がブラック化していく

ブラック企業という言葉が、一般用語となってしまったのは、日本人の我慢強さが原因でもあります。嫌な仕事でも文句を言わずに、黙々と仕事をしていれば、給料も評価が上がる時代であれば、ブラック企業という言葉は生まれてこなかったでしょう。

我慢して仕事をしても、給料・評価が上がらなくなってしまったのに、それでも我慢し続けた日本人によって、かつてのホワイト企業がブラック企業へとなってしまったと言えるのです。

自分のスキルや経験を活かして、「やりたい仕事」「楽しい仕事」を求めて、転職や独立をすることを我慢する必要などありません。満足していない労働環境に居続けても、何も変わることはできないのです。

また、日本では転職回数が多いことが嫌われる傾向にありますが、そうした古い考え方の企業であれば、そもそも将来性なども低いと言えます。新しい考え方も取り入れず、技術の進化についていけず、昔の成功経験が忘れられないような企業が、成長していけるはずがありません。

スキルと経験があれば生きていける個人の時代

企業に依存していれば絶対安定の時代でない以上は、今後の社会で必要となるのは、個人のスキルと経験です。たとえ会社を辞めたとしても、自分の市場価値が高ければ、それを必要としている人や企業へと、売り込むためのサービスは多数存在しています。

転職エージェントなどは、代表格でもあり、個人と企業の双方の希望を聞いてマッチングしてくれます。クラウドソーシングサービスは、個人と企業ではなく、スキルと経験に合わせた仕事をマッチングしてくれます。

嫌な仕事を我慢して、ストレスを溜めながら働くことなど、今の時代では必要ないのです。自分が「やりたい仕事」「楽しい仕事」をすることができるようになってきているのです。

自分が「やりたい仕事」「楽しい仕事」というのは、モチベーションも非常に高くなり、スキルを学ぶことにも積極的になれ、経験もドンドン積むことができるでしょう。

「会社・仕事を辞めたい」と思ったなら本当に我慢する必要はないのです。自分らしく働くための環境を求めることは、絶対に間違っていないのです。