転職すると「裏切り者」「根性なし」と言われる日本の会社

裏切り 就職・転職知識
スポンサーリンク

1社に尽くすのが美徳とされた古い習慣

日本は終身雇用という制度によって、新卒で入社した会社で定年まで勤めあげるのが当然という価値観が昔はありました。現在でもその考えは根強く、一部の企業では転職しようものなら、「裏切り者」「根性なし」などと、直接罵倒されたり、陰で言われたりすることがあります。

しかしながら、この価値観は会社が「一度入ったら一生涯生活を保障してくれる」という終身雇用制度があったからこそ成り立っていたのです。

崩壊した終身雇用、一向に上がらない給料、支払われない残業代、低すぎる有給消化率など、働く側の待遇が悪化しているのに、それでも会社に尽くせと言われては、まさしく奴隷と変わらないのではないでしょうか。

待遇が悪くなければそもそも転職しない

現在の仕事のジャンルとは全く違う仕事をしたいという場合以外は、基本的にほとんどの転職者は、前職での経験やスキルを活かせる同業界への転職を考えるでしょう。そして前職よりも高い給料・待遇を求めます。

つまり前職では、自分の価値を会社が正当に評価してくれなかったのです。転職をしようと思うような給料・待遇をしてきた会社が、「裏切り者」「根性なし」などと言う資格はどこにもありません。

給料・待遇面が問題での転職であれば、悪いのは納得できるだけの対価を支払わなかった企業側です。転職者に何一つ悪いところはなく、胸を張って転職を行うべきなのです。

見返りがあるからこそ労働を提供する

「給料を支払っているんだから頑張って働くのは当然だ」という経営者は多いでしょうが、「頑張って働いているから納得の行く給料に上げよう」という経営者がどれほどいるでしょうか?

日本人は労働の価値を雇い主に全て任せてしまう傾向が強く、自分から給料の引き上げや待遇改善をなかなか口に出しません。

良い会社の経営者は、そうした労働者の要望を汲み取って対応してくれるかもしれませんが、大抵の経営者は「何も言わないから今のままでいいんだろう」と解釈してしまいます。

しかし、労働者はボランティアではなく、見返りがあるからこそ労働を提供しているのです。やるべき業務が増えたり、ポジションが上がったりしたのに、相応の見返りを得られないのであれば、転職を考えるのはごく普通のことです。

転職が裏切りになるのは守秘義務違反など

勤めていた会社にとっての裏切りとは、同業他社への転職時に起こる場合があります。前職で知り得た情報を使って、会社の顧客を奪ったりすれば、当然問題となります。実際に裁判で争うケースも起こるなど、同業他社への転職時には十分な注意をする必要があるでしょう。

しかしながら、本当に会社で知り得た情報を持って同業他社へ行ってほしくないのであれば、会社側はそれを防ぐ努力をしなければいけません。

同業他社へ転職する方のほとんどは、なにかしら現在の給料・待遇に不満があったから転職をしたのです。こうした転職を裏切り行為というのなら、未然に防げなかった経営者の責任なので、転職者が後ろめたい気持ちになる必要は全くないでしょう。