転職する時期はいつが最適なのか?

就職・転職知識
スポンサーリンク

転職に有利な時期がある

近年では多くの企業が通年採用を実施していますが、企業側が採用を増やす時期があるのは事実です。

一般的に3月~4月と9月~10月に新規求人が増える傾向にあります。年度終わりで人が入れ替わる3月付近と、上半期がスタートする10月付近が転職の狙い目と言えるでしょう。

しかし、企業の採用意欲が高まる時期というのは、転職希望者も同様に増える時期でもあります。転職に有利な時期には違いありませんが、有名企業や大手企業への転職は、ライバルもそれだけ増えるという事を覚えておいた方が良いでしょう。

企業が募集を控える時期もある

企業が採用を増やす時期もあれば、当然採用を控える時期も存在します。5月~8月、11月~2月が多くの企業が、採用を控える時期と言われています。

しかし、求人募集が少なくなっている時期だからと言って、必ずしも転職に不利だとは限りません。Uターン人材などの募集を考えている地方企業は、お盆や年末年始などの帰省時を狙って、求人募集を行う場合も少なくありません。

地元へのUターン転職を考えいる場合は、あえてお盆や年末年始などに、求人情報を探してみるのも一つの手段と言えるでしょう。

転職する時期のまとめ

転職する時期は3月~4月と9月~10月が最適と言えますが、転職活動自体はこのピークより少し早めに開始すると良いでしょう。

転職活動とはいざやってみると意外と時間がかかるものです。準備期間も含めてスムーズに転職活動を行うためには、常に余裕をもって準備を進めましょう。

地元へのUターン転職などは、帰省する時期に合わせた求人募集をする企業も多いので、一般的な求人募集が増える時期とは、ズレる可能性もあることを覚えておくとをオススメします。