退職の引き止めに絶対に応じてはいけない理由

退職の引き止め 就職・転職知識
スポンサーリンク

引き止めに応じることはデメリットしかない

職場に退職を申し出るということは、その時点であなたにとっては、現在の会社に在籍する理由がなくなっているのです。

辞めると決めた職場に居続ける事は、仕事のモチベーションが下がるのはもちろん、様々な面であなたにデメリットしか生み出しません。

しかし、会社にとって重要なポジションにいる方や、根本的な人手不足によって、上司や同僚から引き止められる場合は少なくありません。

人によってはこれまで一緒に仕事をしてきた情に流され、退職を思いとどまってしまう方もいるでしょうが、退職の引き止めに応じてしまうことは後悔しか生まないのです。

都合の良い人材であると思われる

上司や同僚からの引き止めに応じてしまうと、あなたは引き止めれば退職を取りやめてくれたり、退職日を引き延ばしてくれる都合の良い人材であると認識されます。

例えば、「引継ぎの人材が見つかるまで待ってくれ」と言われて応じれば、「引継ぎの人材が見つかるまでは辞めない」と思われ、ズルズルと退職日を引き延ばされてしまい、気が付けば1年以上も在籍してしまう例もあります。

また、「待遇を改善する」と言う言葉を信じて退職を取りやめても、本当に待遇を改善してくれるとは限らず、あなたを引き止める為のその場しのぎの嘘であったり、「業績が良くなるまで待ってくれ」など、さらに嘘を重ねられる可能性もあります。

退職すると決めたのなら、会社の都合を考慮する必要はないのです。そもそも、会社は誰が辞めたとしても仕事が回るように日頃から準備をしておくものです。退職されたら困るというのは、会社の準備不足の責任であり、あなたがそれに付き合う必要は一切ないのです。

退職を思いとどまると待遇が悪くなる

一度でも辞めると言ってから退職を取りやめてしまえば、あなたは会社から「いつ辞めるかわからない人材」とも思われてしまいます。

いつ辞めるわからない人材に対して、重要な仕事を任せたり高い給料を支払うという会社はほぼありません。情に流され退職を思いとどまってしまった為に、冷遇されてしまった例は数多くあります。

辞めると言った時に、必死に引き止めようとするのは、単純に会社の都合が悪いからであり、あなたのことを思っての事ではないのです。

とりあえず、退職を取りやめさせて、少しずつ冷遇していき、必要がなくなったタイミングで会社の方からあなたを切り捨てる為の時間稼ぎと言っても良いでしょう。

退職すると決めたら自分の都合を優先する

会社を辞める理由は、「給料が安い」「労働時間が長い」「新しい事に挑戦したい」など人それぞれでしょうが、少なくとも現状の会社では自分の希望を実現することは不可能であると判断したのは共通でしょう。

完全に現在の業種とは別ジャンルで働きたいと思ってる方であれば、退職を取りやめることはないでしょうが、待遇面の不満の場合は、会社側が改善すると申し出ることもあります。

しかしながら、退職すると言ってから待遇を改善するということは、言われなければ改善する気が無かったと言えます。そのような会社に居続けても、結局は根本的な不満が解消されることはないでしょう。

会社に在籍している間、あなたは会社の都合に合わせてきているはずです。退職する時くらいは、自分自身の都合を優先していいですし、優先するべきなのです。

仕事とは、本人のモチベーションに大きく左右されるものであり、辞めると決めた瞬間に大きく低下します。もし情に流されて会社に迷惑を掛けたくないと思うなら、きっぱりと辞めるのが実は一番良い事なのです。

最後に退職そのものについてですが、実はあなたが「退職する」と意思表示して2週間で成立し、会社は拒むことができないのです。つまり引き止め行為自体が、本来は違法であることも覚えておくと良いでしょう。