障害者が就職する時はオープンとクローズのどちらが良いのか?

障害者の就職 就職・転職知識
スポンサーリンク

障害者の就職にはオープンとクローズの2種類の選択がある

障害のある方が就職を目指す時は、障害のあることをオープンにして働く障害者枠での応募と、障害を隠して一般枠で応募するクローズの2種類を選択することが可能です。

障害をオープンにして就職する場合とクローズで就職する場合、それぞれメリット・デメリットがあり、しっかりと把握して選択しなければ、就職後の定着率や仕事内容も大きく変わってきます。

障害をオープンにして応募できる障害者雇用枠とは、障害者の雇用対策として企業に対して、雇用する労働者全体の一定割合に障害者を雇用することを義務付けている障害者雇用促進法によって設けられた特別な採用枠です。

障害者雇用枠での応募をする際は、障害者手帳の所持が必須となります。採用する企業側が障害者であることを前提としているので、多く場合に障害に対して理解をしてくれるため、就職後の定着率も高くなっています。

自身の障害の種類にもよりますが、一般的な仕事に支障が出る可能性のある障害であれば、まずは障害者枠での仕事探しをしていくことをオススメします。

障害者枠で働くメリット・デメリット

障害をオープンにして応募する障害者枠での就職の一番のメリットは、やはり障害者の障害特性を把握して、企業側が勤務形態や業務内容を柔軟に対応してくれることにあります。

通院や服薬のタイミングを考慮してくれたり、就職活動の際にも支援機関によるサポートを受けることができるので、肉体的や精神的な負担も少なく、職場へ定着する可能性も非常に高くなります。

しかし、障害者枠というのはなかなか確保している企業も少なく、また業務内容も限られてくるため、求人の選択幅がかなり限定されてしまうデメリットもあります。

障害者という事実をオープンにして働くので、職場では当然ながら障害者として見られ、扱われることになるので、人によってはそれが大きなストレスとなってしまう可能性もゼロではありません。

業務内容も考慮されているということは、任せられる仕事も限られ、やりがいなどを感じることができない場合もあることを考えておいた方が良いでしょう。

一般枠で働くメリット・デメリット

障害を隠して一般枠で応募するクローズの場合のメリットは、仕事の選択幅が障害者枠と比較して圧倒的に多いことでしょう。就職したいと思える会社を探しやすく、様々な仕事に取り組むことが可能となります。

ただ、障害を隠して働くことになるので、通院や服薬のタイミングが非常に難しくなります。場合によっては通院すること自体が困難になる状況になることもあるでしょう。

勤務時間や業務内容も当然、障害を考慮されないため、職場への定着率も低くなる傾向にあります。支援機関のサポートも受けることができないので、職場内の問題は自分自身で解決しなければなりません。

また、障害者であるという事実が、職場の人間に発覚するのではないかという不安を感じながら働く必要があり、これも大きなストレスとなって体調不良の原因となることもあります。

デメリットが多いクローズですが、賃金などは障害者枠よりも高く、なによりも仕事の選択肢が豊富ですので、自身の障害の度合いを考えて検討してみる価値は十分にあります。

どう働きたいかをしっかりと考える

障害者の就職活動は、障害をオープンにするかクローズにするかによって大きく変わってきます。双方ともメリット・デメリットはありますが、結局は自分自身がどのように働きたいかです。

障害の種類や度合いによっても違ってくるとは思いますが、自分自身で判断が難しい場合は、専門の支援機関に相談してみることをオススメします。

企業に応募する前であれば、オープンとクローズのどちらでも、就職の相談をすることができるので、客観的な視点でアドバイスを受けて、自分自身にあった就職活動を選ぶことができるでしょう。

障害をオープンにして働くことを選べば、支援機関も全面的にバックアップをしてくれますが、障害を隠すクローズの場合は、表立った支援は受けることができません。しかし、企業との間に入ることはできませんが、採用されるための対策などの手助けはしてくれます。

障害者の就職活動は、一人で抱え込むよりも専門の支援機関を有効活用することで、自分に合った働き方を選ぶことが可能となります。

障害者としてどう働きたいかをしっかりと考え、時には専門のアドバイザーの助けも借りながら、自分にとって理想の仕事を探していきましょう。