仕事が辛いけど何故か辞めたくない人の本質

仕事辞めたい 就職・転職知識
スポンサーリンク

仕事が辛いのに色々理由を付けて辞めない

「やりたくもない仕事だけど我慢している」「残業が多くてプライベートがない」など、仕事が辛いと日々思っていたり、愚痴をこぼしている方は少なくありません。

しかしながら、仕事が辛いと言っておきながら、職場環境を改善しようと動いたり、実際に転職活動を行うなどをしている方は少数です。

「転職すれば?」「仕事辞めれば?」と周りの人がアドバイスをしても、「生活があるから」「職場の人に悪いから」などの理由を付けて、嫌々ながらも居座り続けている方がほとんではないでしょうか?

自分で動く転職活動が面倒くさい

不満を言いながらも現状の仕事を辞めたくない人というのは、結局のところ「仕事を辞めて転職する」という一連の転職活動をすることが面倒くさいのです。

転職をすることになれば、現在の会社での退職の手続き、求人探し、面接、雇用保険・厚生年金の手続きなど、「仕事を辞める」にしても自分でしなければいけない事が多すぎると考え、「我慢して仕事を続ける方が楽」と思ってしまいます。

しかし、現状維持というのは、何もしなければ良くてそのままです。今よりも良くなるということはほとんどありません。

職場環境を変えてくれると期待だけする

転職が面倒くさいなら、職場の不満を解消するには、職場環境を改善するしかありませんが、このタイプの方は自分では動かず、誰かが職場環境を変えてくれることに期待だけします。

我慢していれば勝手に自分の職場環境が良くなるということは、絶対にありません。なぜなら、仕事の不満を経営者や上司に伝えていない以上、あなたは「会社に不満がない」と判断されているからです。

仕事の不満というのは、つまり会社の改善点でもあるので、それを報告しないということは、結果としてあなただけでなく、会社の不利益にも繋がる可能性があります。

転職するにしても、職場環境を改善するにしても、自分の意志で行動を起こさなければ、何も変えることができない事を覚えておいた方がいいでしょう。

とりあえずやってみる事が重要

多くの人は何かをやろうとした時に、失敗のイメージを強く持ってしまうと動けなくなってしまいます。

「転職に失敗したら生活どうしよう」「意見を言って人間関係が悪くなったらどうしよう」と失敗した時のリスクを考えはじめると、不安は増大していく一方となり、その結果何もせずに現状を我慢する選択をしてしまいます。

自分の不満を解消する為には、自分で動く事が絶対条件です。自分のために動けるのは自分だけということを再認識し、失敗を恐れずに「とりあえずやってみる」事が本当に重要なのです。

例え失敗してしまっても、その失敗から改善点を見つけることができれば、次回はもっと上手くいくかもしれません。

リスクばかりを考えて何もしないのではなく、本当になんとかしたいと思っているなら、「とりあえずやってみる」という気持ちを持って、挑戦してみることを心がけましょう。