正社員は安定している。会社が潰れるまでは…

就職・転職知識
スポンサーリンク

実際に正社員は安定している。

世間では正社員は、もう昔に比べて安定していないと言われています。しかし、本当にそうなのでしょうか?

正社員を目指す利点は確かに減ってきているかもしれませんが、フリーター・派遣社員と比較すると実際に安定しているのは正社員なのは間違いありません。

特にボーナス・昇給・退職金などの制度は正社員の安定を物語っています。

会社の安定こそが正社員の安定

正社員の安定というのは、詰まるところ会社の経営に依存します。会社の業績が良ければ雇用も給料も安定し、将来の不安もなくなるでしょう。

しかし、景気の悪化など予期せぬ事態で会社の経営が傾けば、正社員とて絶対安定でないのは確かです。

正社員というのは、日本では簡単にクビに出来ないゆえに、経営が傾いても人件費を圧迫してしまうものでもあります。

正社員の雇用を守る為に、会社が無理やり事業を維持しようとすれば、それはいずれ倒産という結果を招くことになるかもしれません。

収入源を複数持つという働き方

近年よく話を聞くようになった考え方として「複数の収入源を持つ」ことが本当の安定した生活に繋がると言われています。

正社員でもフリーター・派遣社員でも1つの会社に依存した収入源というのは、それが潰れてしまった場合に収入が0になってしまうことが問題です。

複数の収入源というのは、なんでも構いません。「株式投資」「副業」「ネットビジネス」なども立派な収入源と言えます。

会社の状況をしっかり把握する

複数の収入源を持つと言う考えは、確かに今後の社会を見据えると正しいのかもしれません。

しかし、世の中の全ての方がすぐに明日から動くことなどできません。正社員であるなら会社の仕事でそれどころではない方も多いでしょう。

正社員は色々書きましたが安定しています。そのまま一生正社員で安定した生活を送れる方ももちろんいるでしょう。しかし、正社員の安定はあくまで会社の安定であることを覚えておきましょう。

今働いている会社がしっかり安定しているかどうかを判断する力こそが、今後の社会では不可欠になってくるでしょう。