企業が面接で見ている転職者の3つの評価ポイント

就職・転職知識
スポンサーリンク

転職者のスキルと経験

人材募集をする企業は、あらかじめ求めているスキルや経験を決めています。募集要項などに記載されているスキルや経験はわかりやすい一例でしょう。

では、企業が募集要項に記載しなかったスキルや経験は、評価されないかと言うとそうではありません。むしろ募集要項以外のスキル・経験を所持している場合は絶好のアピールポイントとなり得ます。

企業の事情内容を理解し、そのスキルと経験が会社の利益に貢献できると提案することができれば、評価は一気に高まることでしょう。

社風に適応する人材

会社には様々な社風があります。実力至上の成果主義、体育会系、保守的、チャレンジ精神など良い社風もあれば悪い社風もあります。

企業は、自分の会社の社風に合うかどうかを転職者評価の大きな評価ポイントとしています。これは、実際に入社しないとわからない部分でもありますが、転職者としては「どういう社風で働きたいか」と言うことを企業に伝えるべきです。

自分の求める社風を明確に伝えることで、企業側は自社の社風に合っているかどうか判断してくれます。逆に合っていなければ不採用となるでしょうが、自分に合わない社風だった場合は、採用されたとしても働きにくい環境だった可能性が高くなります。

コミュニケーション能力

営業職であれ事務職であれ、会社で仕事をすることは複数人での業務になります。仕事は一人では完結することはできず、社内・社外を問わずコミュニケーション能力というのは必要なってきます。

コミュニケーション能力は面接を通して評価され、最も重要視されることでもあります。挨拶にはじまり質問の受け答えなどしっかりとアピールしていく必要があります。

面接官の言うことを正しく理解し、的確に表現して伝えることができれば、面接官の印象も格段に良くなります。

伝えたいことを的確に表現する時は、冗長にならないことが重要です。長々と話してしまうことで逆に伝わりにくくなってしまいます。まず結論を述べ、その後に理由を端的に答える意識を持つとよいでしょう。