「お客様は神様」という言葉は間違った意味で広まった!

お客様は神様 就職・転職知識
スポンサーリンク

お客様は神様でもなんでもない

主に飲食業や接客業では、時折「お客様は神様だ!」というクレーマーや横柄な態度のお客が見受けられます。

「お客様は神様だから何でも言う事を聞く」「無理難題を押し付けられても真摯に対応する」などを言われた事がある方も多いでしょう。

結論から言えば「お客様は神様」という言葉は、本来の意味を誤解されたまま世間に広まってしまったために、一部でサービスを受けるお客側は自分を神様だと思い込み、サービスを提供する店側もお客に対して時に過剰なサービスを提供するようになってしまいました。

「お客様は神様」とは演歌歌手である三波春夫氏の言葉であり、「雑念を払って澄み切った心で歌うためにお客様を神様と見る」という意味であり、お客様の要望やクレームに何でも応えるという意味ではないのです。

自分を神様だと思い込んだお客は疫病神

自分自身を神様などというお客は、大抵の場合に価格以上のサービスを要求することが多いです。また、店員に対しての態度も悪く、時には店側に不利益をもたらすこともあります。

このような勘違いをしたお客を相手にすることは、自社の従業員はもちろん、通常のお客様に至るまで大きなストレスを与えることになります。

店側がお客を低く見ることは間違いですが、お客が店側を低く見ることも間違いであり、双方対等な関係であるべきなのです。

あまりにも傲慢な態度をとるお客はお客ではありません。お店に不利益をもたらす疫病神であり、そんな疫病神に構っている暇があるなら、他のまっとうなお客様に対応する方が明らかに有益なのです。

店側にはお客を選ぶ権利がある

すべてのお客が満足するサービスや商品を提供することは、そもそも不可能です。人にはそれぞれに好みがあり、同じものでも気に入る人と気に入らない人が必ずいます。

お店のことを気に入って敬意を持って接してくれるお客様と、自分が絶対者として無理難題を言ってくるお客では、どちらを優先して対応するべきなのかは一目瞭然でしょう。

なによりもお店とお客の立場というのは、逆転することが社会では多くの場面であります。接客を受ける側が接客する側になった時に、自分が同じような態度をされたらと考えれば、「お客様は神様だ」と横柄な態度を取るのがいか間違っているかが良く分かります。

「自分がされたら嫌なことは相手にしない」というのは学校などでも教えてもらった方も多いでしょう。お客とお店も全く同じであり、双方とも相手に対して敬意を持って接する必要があるのです。

それを理解してない無礼なお客であれば、お店側もきっぱりと商品やサービスの提供を断ってしまって良いでしょう。

敬意持って接すれば双方が得をする

「お客様は神様だ!」とお店側に対して、横柄な態度で無茶な要求をしてくるようなお客を、対応する従業員はどう思うでしょうか?

「嫌な客だ」「相手にしたくない」「帰れ!」と口には出さなくてもネガティブな感情が生まれてくることでしょう。そうなれば提供するサービスの質は著しく低下するだけでなく、場合によってはトラブルの元になります。

逆に敬意を持って接してくれるお客であれば、サービスを提供する側も敬意を持って対応することができ、価格以上の価値を提供してくれるかもしれません。

サービスを提供する側も受ける側も、同じ人間であることをしっかりと意識しておくことが重要であり、どちらが上か下かではなく、対応な立場で接していくことが必要なのです。