仕事を自分で考えられない人の特徴とは?

就職・転職知識
スポンサーリンク

言われたことだけに忠実に従う

社員の多い大企業などは、業務マニュアルや研修なども整っており、一見すると働きやすいように感じますが、自分で考えられない人を大量に生み出すことにもなっています。

企業側としては、言われたことに忠実に従っているのですから良い社員のように見えるでしょうが、こうした社員は会社の指示に従っていれば全て問題ないと思い込み、たとえ指示が間違っていたとしても、自分で考えられないので意見を言うこともありません。

言われたことだけに従うタイプの人材は、指示された仕事内容の意味すらも考えません。「なぜその仕事をするのか」「会社にとってどのような利益になるのか」などの仕事の本質的な意味を考えないので、失敗した場合も「なぜ失敗したか」という原因がわからず、同じ失敗を繰り返すことになってしまいます。

本来は考える力を持っていたとしても、会社自体が「黙って指示に従え」という社風であれば、仕事を自分で考えられない人は今後も増え続けていくことになるでしょう。

責任を自分で負いたくない

会社の社風などによって、自分で考えられない人材が生み出されていることもありますが、本当は考えられるのに自ら考えないようにしているタイプも存在しています。

自分で仕事の責任を負いたくないタイプの人材がそれにあたります。会社の指示通りにやっておけば、たとえ失敗したとしても指示に従ったのだから自分に責任はないと、考えることを放棄してしまっています。

こうしたタイプの人材は、自分に自信がないことも特徴としてあり、自分で仕事を考えて失敗するリスクを極端に恐れてしまい、会社からの指示に従うだけの人材となってしまいます。

企業側としては、何か小さいことでも自分で考えて成功体験を与えることが出来れば、少しずつ自信がつき仕事を考えられる人材になっていくかもしれませんが、そうした育成ができないようなら、単純作業しかできない、仕事を考えれらない社員となってしまうでしょう。

ひたすら周りに合わせる

日本の習慣として「空気を読む」というのがありますが、他人にひたすらに合わせていくという人は、自分自身で考えることを放棄してしまっている傾向が強いといいます。

場を乱す発言などを言うことは確かに良くはありませんが、日本人は学生時代から多くの場面で「空気を読む」ことを強制されてきています。

周りに合わせておけば、とりあえずなんとかなっていた学生時代の経験によって、仕事においても自分で考えずに周りに合わせておけば良いと思ってしまっているのです。

こうしたタイプの人材は、他人の意見を盲目的に信じ切ってしまうことが多く、さらにそれが自分自身の考えであると勘違いまですることがあります。

日本の教育の問題もあるでしょうが、自分自身で考える力を身に付けるには、個性を出せる職場環境なども必要となってくるでしょう。

仕事を考えられない人の対処法

職場において、仕事を考えられない人に対する対処法は、「単純作業のみをさせる」か「成長機会を与える」かの2つになることでしょう。

単純作業であれば、実際に考える必要はなく、ただ黙々と仕事をすれば良いですし、重要な仕事を任せることもなくなります。文字通り「ロボットのような人材」が出来上がります。こうした人材は、おそらく必要が無くなればスグに解雇されてしまうでしょうが、自分で仕事を自分で考えられない人なのですから仕方のないことでしょう。

もう一つの「成長機会を与える」は、失敗しても良いから、自分で考える機会を与えて、成長を促していくことで、仕事を考えられる人材を「育成」していくことです。時間はかかるかもしれませんが、職場において「考える」機会がないようなら、どのような人材でもいずれは「考えられない」人材となっていってしまいます。

企業だけでなく、働く側も自分自身で「考える力」を身に付けていかなければ、今後の社会では、使い捨てにされるだけの人材となってしまう可能性が高まることでしょう。