転職・就職における面接の対策とポイント

就職・転職知識
スポンサーリンク

自分を採用することでのメリットを話す

面接というのは詰まるところ企業側がアナタという商品を買う(採用する)かどうかを判断するものです。

テンプレートな回答ばかりでは面接官には「アナタを採用するメリットがない」と思われてしまいます。

自分を採用することで企業に対してどういうメリットがあるのかを伝えることができれば採用される確率はグッと高まります。

礼儀やマナーはできて当たり前

企業によっては気楽に話してくださいと言ってくれることもありますが、いわゆるビジネスマナーは出来て当たり前なのであまり真に受けてはいけません。

しかし、礼儀やマナーは必要以上に意識しすぎる必要はありません。そればかりに意識が行ってしまってうまく受け答えができなくなることもあります。

大切なのは完璧な礼儀やマナーではなく、相手に対して失礼に思われない最低限が出来ていれば大丈夫です。

実績・チャレンジしたことなどは積極的にアピール

転職者であれば前職での実績などは絶好のアピールとなります。さらにその実績から面接会社の事業に貢献できると判断されれば採用確率も上がります。

実績がなくとも過去にチャレンジしたことなども立派なアピールポイントとなります。仕事への意欲とチャレンジ精神をアピールしていきましょう。

また、入社したらやりたいことなどもアピールできると企業で働くイメージがしっかりついていると面接官に印象付けることができます。

面接は自分という商品を売り込む営業

自分と言う商品を一番理解しているのは間違いなくアナタです。

自己分析をしっかり行って面接官に「自分を採用するとこんなにメリットがありますよ!」と思ってもらうことが出来れば採用は目の前でしょう。

逆に面接ではあまりネガティブなことは極力言わないようにしましょう。商品の悪い面ばかりをアピールしては企業はアナタを買って(採用して)はくれないでしょう。