会社員の給料が安い理由は会社にある

給料が安い理由 就職・転職知識
スポンサーリンク

儲からない会社では給料は安いまま

自分の給料がいつまでも安いと不満を感じている会社員の方は、「スキルが足りないから」「仕事の頑張りが足りない」と思っているかもしれませんがそれは間違いなのです。

会社員の給料とは、当然ながら会社の利益から支払われます。会社の利益が増えていなければ、あなたがどんなに仕事を頑張ったとしても給料は安いままでしょう。

会社員が給料を上げる一番の方法は、儲からない会社を切り捨て、儲かっている会社に転職することです。なぜなら単純に利益が多い会社であれば、従業員に支払える原資が多いからです。

昔のように一つの会社に長く勤めていれば給料が自然と上昇するというのは、完全に幻想であり、給料の安い会社というのは、そもそも儲かっていない会社であると思わなければいけません。

会社員が我慢して得をするのは経営者

日本では面接や履歴書の志望動機で「給料の高さ」を言う事をなぜかタブー視されています。同じ商品であれば価格が安い方を選ぶのが当たり前であるように、仕事も同じ業務であれば給料が高い方を選ぶのが当たり前のはずです。

「他社の方が給料が高かったらそっちに行くのか?」と問われることもあるでしょうが、それの何がいけないのでしょうか?これは、裏返せば「他社より給料が安くても辞めないよな?」と言われているのと同義です。

この時点でその会社は、あなたを安くこき使おうしてしているのです。経営者にとっての理想の会社員とは、安い給料で文句も言わずに真面目に会社に尽くしてくれる人です。

もちろん、給料以外にこだわりを持つことも大事でしょうが、自分の中で本当に「安い給料」で我慢できるのかどうかは明確にしておくべきです。

会社は会社員の生活を保障しない

ブラック企業と言われるような会社では、「愛社精神」などを謳って会社に尽くすことがいかに素晴らしいかを教え込まれることがあります。

ただし、どんなに会社に尽くしたとしても、会社は会社員の生活を保障してくれません。あなたが不慮の事故で働けなくなった場合は、ほとんどの会社が解雇を言い渡すでしょう。

「愛社精神」を教え込むことによって、安い給料で従順に働く会社員に洗脳しようとしているだけなのです。どんなに一生懸命働いても、会社にとって人件費はコスト以外の何者でもありません。安く使えるなら安く使います。

自分自身で十分な生活ができるであろう給料を求めることは、働く側としては当然のことであり、言い値で買い叩かれて後悔するのはあなたなのです。

給料が安いは辞める理由として十分である

どれだけ一生懸命に働いても一向に給料が上がらない会社は、根本的に利益が少なく、あなたに支払う給料はそれが限界であると言っているのです。

給料を上げれない理由としてよく言われる「業績が悪いから我慢してくれ」などと言うのは、完全に経営者の都合であり、それを言われて納得するのはただの社畜奴隷と言っても良いでしょう。

なによりも「業績が悪かった」と親切に教えてくれているのです。我慢すれば業績が良くなる保障など何処にもありません。会社の方から「ウチは危ない」と言ってくれているのですから、遠慮なく辞めてしまった方が良いでしょう。

会社と会社員は家族でありません。何かあっても助けてはくれません。あなたの働く目的が給料を得ることであるのなら、納得できない給料で働くのは、一方的に損をさせられています。

会社は利益を得る為に存在しています。会社員も自分の利益を得る為に、より高い給料の会社に転職することは何もおかしいことではなく、むしろ当然の行為であると言えます。