企業の人手不足の嘘。本当に不足しているのは都合の良い人材である。

就職・転職知識
スポンサーリンク

人材の選り好みを続ける企業の人手不足

日本において、人手不足が深刻化しているというニュースが、連日多く報じれているにもかかわらず、労働者の賃金はほとんど上昇していません。

企業が本当に人手不足で困っているというのなら、労働者の賃金や待遇を改善して人を集めなくてはいけないはずです。

しかし、現実問題として多くの企業では、20万円以下の低賃金で求人募集をかけ、しかもそれでもやってきてくれた応募者を選り好みして落としているのです。

企業はどうせ採用するなら、低賃金で能力の高い即戦力のスーパーマンを採用したいと考え、結果として人手不足が加速してしまっているのです。

人材を育てる余裕がない

人手不足でありながら、能力重視で応募者を選り好みしている企業の背景には、人材を育成する余裕がないことが上げられます。

日本の社会は、多数の中小企業で成り立っています。大企業と違い、社内の人員を人材育成へと割り当てる余裕がなく、一から新人を育てることが出来ずにいます。

即戦力ばかりを求めて、人材が集まらず、新人も育成する余裕がない企業では、遠くない将来に経営が成り立たなくなってしまうでしょう。

健全な企業とは、社員の育成にしっかりと力を入れおり、よほど人間的に問題がない限りは、応募者を過度に選り好みしたりしないのです。

業界による格差も大きい

人手不足のニュースでは、さまざまな業界で人手が不足していると言われていますが、当然業界による格差が存在しています。

特に人手不足が深刻化しているのは、飲食業・サービス業などの人間の労働力に頼る割合が大きい、労働集約型の業界です。この業界はブラック労働などでも問題となる業界であり、労働者が意図的に避けていることも原因となっています。

さらに、労働集約型の業界の問題は、労働生産性が低く、労働者の賃金も低くなりがちだということです。

人手を集めるために賃金を上げてしまえば、経営が成り立たなくなる場合も多く、今後も人手不足の加速が予想されています。

企業にとって都合のいい人材にならない

現代は、かつての日本社会のように、1企業に長く勤めれば全てうまくいくような時代ではありません。

企業にとって都合の良い人材が重用されるのは、今も昔も変わりませんが、昔であれば企業に尽くした分だけ給料や待遇が良くなっていましたが、現代の企業はいかに低賃金で、都合の良い人材を使い潰すかという思考が強くなっています。

今後の社会では、企業に依存する働き方ではなく、個人のスキルや経験を磨いていくことを考えなければ、生き残っていくのは難しいと言われています。

今の自分の状況を今一度見直し、企業にとって都合の良いだけの人材となっていないかどうかを考える必要があるのです。

転職するならスキルを身に付けられる業界へ

一生涯を一つの企業で勤め上げることが、美徳とされていた時代ならともかく、現在がそうした時代でないことは、誰の目にも明らかでしょう。転職によって企業を渡り歩くのも一般的となってきています。

しかし、人手不足によって求人が増えてきているのは、事実ですが、その多くが企業にとって都合の良い人材を求めていることを、しっかりと認識しておく必要があります。

転職をするにしても、ただ人手不足の業界だからと決めるのではなく、たとえ会社が潰れてもしっかりとしたスキルを身に付けられる業界を選んでいくことが、将来の本当の安定へと繋がっていく時代となってきているのではないでしょうか。