コミュ障は無理に人と話す仕事をしなくても良い

コミュ障 就職・転職知識
スポンサーリンク

コミュ障も個性の一つであると受け入れる

コミュ障とは、コミュニケーション障害と同じような意味で言われることもありますが、実際に使われる意味では全く別のものであるのです。

コミュニケーション障害とは、視覚・聴覚の障害、発声・発語の障害、知的障害などによって、自分の意志を伝えたり、相手の意志を理解するのが困難な状態にあることを意味します。

これに対してコミュ障とは、人と話すのが苦手、対面で話すと緊張してうまく話せない、何気ない会話をストレスに感じてしまうなどの症状の方を指すものとして使われています。

肉体的な障害によって根本的に意思疎通ができない「コミュニケーション障害」と違って、「コミュ障」は意思疎通自体は可能であり、本人がそれをストレスに感じるかどうかなのです。

世間では「コミュ障」は悪いことのように言われることがありますが、運動が得意な人と苦手な人がいるのが普通のように、話すのが苦手な「コミュ障」も一つの個性であり、否定されてるものではないのです。

コミュ障を治そうとしてストレスを感じる必要はない

就職・転職活動をする中で、コミュ障をなんとか治そうとする人は多いでしょうが、そもそも人と話すことにストレスを感じることは悪いことではなく、対話が苦手というのも個性である以上は、無理をする必要はないのです。

前述しましたが、「コミュ障」とは意思疎通ができないわけではないので、人と会話する機会が少ない仕事などを選べば、普通に働くこと自体は難しくはありません。

黙々と作業に取り組める製造業や、IT系のプログラマーなどは、人と会話する機会も少なく、コミュ障の方でも無理なく仕事ができるので、こうした業界を選ぶ方も少なくありません。

やりたくない仕事を無理に選ぶことは、ストレスがたまるだけでなく、それによって仕事の効率もやる気も著しく低下していきます。思うような成果を仕事で上げることができなけば、さらにストレスがたまり悪循環に陥ってしまうかもしれません。

コミュ障という苦手を無理に克服するのではなく、自分のやりたい事や得意な事を活かす仕事を選ぶべきなのです。

人と会わずに完結できる仕事も増えている

「仕事をする上では絶対に人に会わなければいけない」という認識は、近年では絶対ではなくなってきています。

インターネット上のやり取りで完結できる仕事も増えてきており、メールやチャットなどのコミュニケーションツールを活かすことで、人と対面で会話することなく円滑にコミュニケーションを取ることが可能となります。

自分はコミュ障で人と会話するのが苦手と思うなら、対面でコミュニケーションを取る必要はないのです。技術進歩によって多彩なコミュニケーションツールが選択できる、現代の利点を存分に活用すれば良いのです。

また、会社に所属しなけば生きていないような時代でもなく、その気になればフリーランスとして生計を立てることも、インターネットが普及した時代では不可能ではなくなってきています。

人と話すのが苦手なら、話さなくても良い仕事の方法を選択することで、コミュ障を無理に克服することなく、自分らしく生きれる時代になってきていることを強く認識しておきましょう。

会話が苦手でも意思疎通ができれば問題ない

仕事をする上で人と関わることを完全に避けることは難しいですが、自分がコミュ障だと思っている方の多くは、「対面でのコミュニケーション」にストレスを感じることが多いのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、「対面でのコミュニケーション」が苦手と思うならば、ストレスを感じながら無理にする必要はなく、別の方法でコミュニケーションを取ればよいのです。

仕事において大切なのは、人と会話ができることではありません。「人と意思疎通ができること」であり、きちんと意思疎通ができるのならば、その方法は会話でなく、チャットやメールでも構わないのです。

人と会話をすることで極度のストレスや苦痛を感じるのならば、迷うことなくテクノロジーの力を借りましょう。なにも恥ずかしいことはありません。もし否定されるような事があれば、古い考えの前時代的な相手と思えば良いのです。

苦手なことや嫌なことを避けて仕事をすることは、何も悪いことではなく、むしろ自分の得意なことを活かして仕事をする方が、圧倒的に効率も成果も上がりやすくなります。

コミュ障だから仕事ができないと考えている方は、コミュ障も個性の一つと受け入れて、自分がストレスなく気持ちよく働けるやり方を一度真剣に考えてみることをオススメします。