嫌な仕事でも辞めないのは、辞める経験をしてこなかったから

嫌な仕事でも辞めない日本人 就職・転職知識
スポンサーリンク

辞めることに慣れていない日本人

日本では、社会人として就職するまで基本的に「辞める」という経験をほとんどしません。

高校や大学を「辞める」という選択肢を自分で選んだ人は、大抵の場合に「悪い事」のように周りから言われてしまいます。

「辞める」という行為が、正しいことではないと教育の段階から教え込まれてしまうので、成人した多くの日本人は「仕事を辞める」ことが悪い事と思い込んでしまっているのです。

人は経験したことのない事には恐怖を感じます。さらにそれが悪い事であると教えられていては、「仕事を辞める」という選択肢を選びにくくなってしまうのも当然と言えるでしょう

辞めることへの恐怖で現状を耐えようとする

「給料が安い、残業が多い、休みがない」などの不満を抱えながらも、会社にしがみ付いて我慢している方は本当に多く、「辞める」という経験をほとんどして来なかった為、「会社を辞める」という選択肢を自分で除外してしまっているのです。

経験していないことは、想像するしかありませんが、会社では主に辞めることのネガティブな面ばかりを言われます。「ここを辞めたらどこも雇ってくれない」「社会人としての責任はないのか?」など、まさしく「辞めることが悪」として扱われます。

経験したことがなく、周りからは悪い事であると言われれば、「辞める」ことへの恐怖で現状の仕事が嫌で仕方なくても、「頑張って耐える」という方向へと思考が向いてしまいます。

その結果として、不満を抱えながらも、どんな嫌な仕事でも、少ない賃金で真面目に取り組んでくれる立派な会社の奴隷が出来上がってしまうのです。

仕事を辞めた経験がない人が「辞めることは悪い」と言う

辞めることを悪く言う経営者や上司に限って、そもそも「辞める」という経験をしていないことが多いのです。

人の意見を真面目に聞くことは大切ですが、それが絶対に正しいかどうかは、自分自身できちんと考えてなければいけません。

しかしながら、「今の会社を辞めたら生きていけない」というのは絶対にありません。もしそうならば、今の会社が倒産してしまった場合に生きることができないということになりますが、そんなことはないでしょう。

経験者であれば同業他社への転職は容易ですし、お金を貰いながら技術を身に付けられる職業訓練校という国の制度もあります。地方の農家では後継者が不足しているので、働き手は常に求められています。

今の仕事以外に選択肢がないというのは、単純に自分で選択肢を見ないようにしているだけに過ぎません。最悪の場合でも、生活保護を申し込む方法もあるのですから、現状に不満があったり、やりたくもない仕事を我慢して続ける前に、転職や起業などの選択肢をもっと探ってみることをオススメします。