英語力・英会話を活かせる仕事や職業とは?

英語力・英会話を活かせる仕事 就職・転職知識
スポンサーリンク

通訳・翻訳家

通訳と言っても実際には様々なジャンルがあります。ビジネスの現場で通訳をする「ビジネス通訳」、日本への観光客を案内する「通訳案内業」などです。

翻訳に関しても文芸作品を扱う「文芸翻訳」、学術書などを扱う「実務翻訳」などがそれに当たります。

いずれの仕事も高い英語力はもちろんですが、日本語自体の高い語学力も必要となってくるでしょう。

航空会社(管制官・客室乗務員)

さまざまな国籍のお客様が利用する航空会社では英語は公用語となっており、高い英語力が求められます。

TOEICのスコアはもちろんのこと円滑なコミュミケーションが行える英会話力も必要となってきます。

ハードルは高いですが、英語力に自信のある方ならうってつけの仕事であるとも言えます。

外資系企業

外資系企業では日本法人でも多くの外国人が働いており英語が公用語となっている場合が多いです。

金融、IT、コンサルなどさまざまな業界の外資系会社がありますが、高い英語力が転職・就職では大きな武器になることでしょう。

ただし、英語力というのはあくまでもコミュニケーションツールであり、実務能力が重視されることを忘れてはいけません。

英語力だけに頼らない

グローバル化の現代企業では、英語力は転職・就職で有利に働くの確かです。

しかし、英語が分かる・話せるだけで全てうまくいくわけではありません。業務における実務能力も含めて身につけていく必要があります。

英語力だけに頼らず、自分の適性にあった仕事・職業を選ぶことで将来的な出世や昇給も有利となっていくでしょう。