失業保険を使った賢い転職活動とは?

就職・転職知識
スポンサーリンク

失業保険を使えば退職してから転職活動が出来る

転職活動は在職中にやり、採用が決まったらスムーズに新しい会社に転職するのが一番理想ですが、実際にはなかなか上手く進まないことが多いです。

仕事量や残業の多い職場であれば、情報収集や面接なども満足にスケジュールを組めず、会社をやめたいのにズルズルと時間が過ぎていってしまいます。

もし、転職することを決めているが、時間が取れないのであれば思いきって退職して、失業保険を貰いながら転職活動をすることを強くオススメします。

自主退社での失業保険の条件

失業保険は、退職理由が自己都合と会社都合のどちらでも基本条件は変わりません。

  • 本人に就職する意思と能力がある
  • 離職日から過去2年のうちに雇用保険に12か月以上加入していた

普通の会社であれば、給料から毎月雇用保険料が天引きされていたはずです。1年以上在籍して雇用保険料を払っていれば、自己都合でも会社都合でも失業保険を受け取ることができます。

なお、自己都合と会社都合の違いは、失業保険手当の給付開始のタイミングです。

簡単にいえば、自己都合の場合は、失業保険の給付は約3ヶ月遅くなります。

失業保険の給付前に転職が決まっても貰える

自己都合の場合は、給付開始まで約3ヶ月期間があるため、結局貰えないと思う方もいるかもしれませんが大丈夫です。

失業保険の手続きをして、早期に転職が決まった場合は、再就職手当という形で給付予定の失業手当てを貰うことができます。

いくつか条件はありますが、それほど厳しいものでありません。一番気を付けたいのは下記の内容です。

【給付制限期間が開始してから1ヶ月以内の再就職の場合は、ハローワークの紹介で就職した事であること】

つまり、失業保険の手続きをして給付制限期間が1ヶ月過ぎるまでは、ハローワーク以外での紹介で就職した場合、再就職手当を貰うことが出来ません。

この期間を過ぎれば、転職サイトなどハローワーク以外の紹介でも再就職手当を貰うことが出来るので、ぜひ覚えておきましょう。

転職活動したくても出来ない会社なら辞めよう

転職を本気でしたいと考えているなら、今の会社に不満や不安があると思います。

現職の仕事が忙しくて、転職活動したくても出来ないと時間を浪費しているなら、今すぐ辞めて失業保険で転職活動をはじめましょう。

満足のいかない環境で労働を続けることは、身体的にも精神的にもストレスです。辞めると決めた会社に長居は不要です。

それこそ、労働環境が問題の転職であるなら、心身の休息も含めて失業保険を受けつつ、ゆったりと転職活動を行ってはいかがでしょうか?