ハローワーク求人詐欺の実態「ブラック求人」

就職・転職知識
スポンサーリンク

ハローワークの求人票が実際と異なる

「優良企業のように思える求人票を見て応募したら、実際は全く条件や給料が違った!」こんな苦情がハローワークに年間1万件以上も寄せられているのをご存知でしょうか?このような求人のことを一部では「ブラック求人」と呼ばれています。

特にブラック企業などは、実際の労働条件を掲載すると人が集まらないのでこうした嘘の「ブラック求人」を出す傾向が多く見受けられます。

求人票と実際の待遇が違っても違法ではない

実は、労働基準法では労働条件の明示が定められていますが、この明示というのは労働者個人に対しての書面での労働条件のことを指しています。

つまり求人票の労働条件というのはあくまでも目安に過ぎないのです。ブラック企業はこれを利用して「ブラック求人」を出しているのです。

雇用契約を結ぶ時は条件をしっかり確認

応募から面接を終えて、内定の連絡が来たらもう安心と思っていませんか?内定の連絡が来たら必ず、労働契約書を確認してその会社で本当に働くかどうかを考えましょう。

もしも、よく確認せずに入社して待遇が違った為に短期間で辞めることになると経歴に傷が付くばかりか次の転職まで不利になりかねません。

転職エージェントによるブラック求人回避

ブラック求人は、見た目は綺麗な求人であるためにパッと見で見極めるのは非常に難しいです。

入社する前にしっかり労働条件を確認すれば回避できるとは言え、それまでの応募や面接の時間が全てムダなってしまいます。

転職エージェントなどを利用すれば、コンサルタントが企業との間に入ってくれるので事前の求人条件の確認はもちろん、条件交渉なども含めて非常におすすめです。