転職エージェントでダメなキャリアアドバイザーに当たった場合の対処法

ダメなキャリアアドバイザー 就職・転職知識
スポンサーリンク

キャリアアドバイザーには当たり外れがある

転職活動をする上で、自分の代わりに求人探しや企業との交渉代行をしてくれる転職エージェントを利用する人は非常に多くなっています。

仕事が忙しくて思うように転職活動ができない方にとっては、転職エージェントサービスは大変便利ですが、転職サポートを担当するキャリアアドバイザーには当たり外れがあり、場合によっては大事な転職活動が台無しになってしまうことがあります。

特に転職エージェントをはじめて利用する方は、キャリアアドバイザーの対応の良し悪しの判断が難しいでしょうが、相手が人間である以上はダメな担当は確実に存在します。

実力の低いキャリアアドバイザーに大事な転職活動を任せてしまうと、転職成功率を上げるどころか逆に下げてしまう可能性もあります。

理想の転職を実現するためには、本当に自分の転職サポートをお願いしてよいキャリアアドバイザーかどうかを、しっかりと見極めていく必要があるのです。

大手でもダメなキャリアアドバイザーは存在する

リクルートエージェントやdodaなどの業界でも大手と言われる転職エージェントは、知名度も実績もあるので安心感は確かにありますが、全てのキャリアアドバイザーが優秀であるとは限りません。

大手転職エージェントでは、100人以上のキャリアアドバイザーが在籍していることも珍しくなく、母数が多いということはそれだけダメなキャリアアドバイザーも多く存在している可能性が高いのです。

転職エージェントは、基本的に転職成功によって企業から報酬を得るビジネスモデルで運営されています。転職成功をさせなければ利益を生み出すことができないので、転職成功率の高そうな求職者を優先する傾向があります。

利益を優先するキャリアアドバイザーに当たった場合は、自分の経歴やスキルが低いと思われた場合、条件と合わない適当な求人を紹介されて放置される可能性もあります。

自分の意図をしっかりと伝えて対応を見る

ダメなキャリアアドバイザーの見極め方は、実はそれほど難しくなく、自分の希望条件や要望を明確に相手に伝えることで見極めることができます。

転職希望者の話を親身になって聞いてくれるキャリアアドバイザーであれば、希望条件と大きくかけ離れた求人を紹介してくることはまずありません。

仮に希望条件にマッチする求人が無かった場合でも、経歴やスキルから希望条件に近しい求人を提案してくれるなど、少しでも理想の転職に近づけるようにサポートを行ってくれます。

また、本当に最適な求人がない場合には、親身なキャリアアドバイザーであれば対応方法などをアドバイスしてくれますが、ダメなキャリアアドバイザーの場合は、「この経歴ではどこも受かりませんよ」など利用者を突き放すような対応をしてきます。

ノルマが設定されている転職エージェントの場合、全く的外れな求人を紹介して、強引に転職させようとすることもあるので、自分の希望条件や要望をしっかり理解した提案をしてくれるかどうかを注意深く見ておきましょう。

ダメなキャリアアドバイザーだった場合は遠慮なく切る

転職活動は短くても1ヶ月以上、長い場合は1年に及ぶこともあります。ダメなキャリアアドバイザーに当たった場合に、それを放置していては、転職活動期間はドンドン伸びていくことになるでしょう。

自分の転職の希望条件や要望を汲み取ってくれないキャリアアドバイザーだと判断した場合は、きっぱりとサポートを断り、別のキャリアアドバイザーへの交代を申し出るか、別の転職エージェントサービスに乗り換えるのが一番です。

キャリアアドバイザーも人である以上は、完璧ではありません。どんなに優秀なキャリアアドバイザーであっても、自分と話が合う合わないなどの相性の問題もあります。

転職とは、自分自身の為に行うものですから、キャリアアドバイザーに遠慮をする必要は全くなく、本当にサポートをお願いしたいと思える人物でない場合は、堂々と断るべきなのです。

転職エージェントサービスは、求人数の多さや質も重要な要素ではありますが、最終的にはキャリアアドバイザーの質と相性が最も大事であり、それを見極めなければ理想の転職を実現することは難しいでしょう。

大手転職エージェントだからと無条件で安心せずに、転職サポートを担当するキャリアアドバイザーの質をしっかりと見極めることが、転職成功への近道となることを覚えておくことが必要です。