転職エージェントと転職サイトの違いとは?

就職・転職知識
スポンサーリンク

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェント転職サイトの違いは、端的に言えば

  • 「転職エージェントはアドバイザーと転職活動する」
  • 「転職サイトは自分1人で転職活動する」

転職先を自分で探すか、エージェントに探してもらうかと言う違いになります。

どちらを転職活動で利用するのが良いかは、明確に断言することはできません。

転職エージェントと転職サイトには、それぞれにしっかりとしたメリットがあるので、それを把握した上で自分に合った方を利用するべきなのです。

転職エージェントのメリット

  • 一般に出ない非公開求人
  • 一般的な転職サイトでは掲載されない特別な案件が多数

  • アドバイザーのサポート
  • 面接対策・書類添削・キャリア相談など様々なサポート

  • 希望条件を元に求人提案
  • 勤務地・希望の年収などをヒアリングして的確に提案

転職サイトのメリット

  • 求人数は転職サイトの方が多い
  • 求人掲載が安いので中小企業なども積極的に利用している

  • 自分のペースで転職活動
  • 自分一人で気楽にマイペースで求人を探せる

  • 応募までネットで出来る
  • 基本的にサイトで面接までの転職活動が完結する

最大の違いは企業とのやり取り

転職サイトでの転職活動は、自分で求人を探し出して、応募先企業へ自分で応募します。さらに、給料や待遇についても自分で交渉していく必要があります。自分のペースで転職活動できる代わりに、転職における全てのやり取りを自分一人で行う必要があるのです。

転職エージェントでの転職活動は、自分と企業の間に専属のアドバイザーが入ってやり取りをしてくれます。応募先企業の情報収集に加えて、面接日程の調整や条件交渉に関しても、アドバイザーが代行してくれるので、転職者の手間が掛からないスムーズな転職活動を行えます。

自分の交渉能力によほど自信がなければ、多くの場合は応募先企業の掲示した条件を飲むしかありません。少しでも希望の条件での転職を目指しているなら、転職エージェントのサポートは心強い味方となってくれるでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違いのまとめ

転職エージェント転職サイトは、どちらが優れているかは人によって評価がかわります。

あくまでも自分のペースと判断で転職・求職活動をしたい方なら転職サイトがオススメです。企業との条件交渉に関しても、自分でやった方がうまくいく自信があるのなら、転職エージェントに頼る必要もないでしょう。

面接対策やキャリア相談などを専門アドバイザーの助けを借りながら、じっくりと転職活動をしたい方なら転職エージェントを利用すると良いでしょう。また、明確に自分に合う企業が分らない場合なども、専門アドバイザーに相談することで、スキルや経験を考慮した求人を紹介してくれるので、転職活動の大きな助けとなってくるハズです。