女性の転職を成功に導く考え方とは?

就職・転職知識
スポンサーリンク

結婚・出産・育児に関することは決めておく

女性の社会進出が進み、多くの企業で女性が活躍していますが、女性への偏見は少なからず残っています。

企業として、一番女性の求職者に質問されるのが、結婚・出産・育児に関することです。戦力として期待して採用したのに、結婚などを機に退職されることを嫌がります。

結婚・出産・育児に関しては、「その時にならないとわからない」ではなく、「両立するのかきっぱり退職するのか」スタンスを決めて、明確に企業に伝える必要があります。

ここを曖昧にしていると、企業側はどういった仕事を振るべきか判断できずに、採用を見送ってしまうでしょう。

収入へのこだわりを持つ

転職時の給料・年収へのこだわりは、明確に持っておくべきです。そして、企業側へのそれをしっかりと伝えましょう。

「働ければいくらでもいい」などは絶対にダメです。収入へのこだわりは、仕事への意欲があると企業へのアピールにもなります。

なによりも企業は、「商売をしてお金」を儲けるところです。お金に対してしっかりとした価値を置いている人材でないと、企業は雇ってくれないでしょう。

経験に加え、女性目線をアピールする

前職の経験などは、もちろん転職時には大きなアピールポイントとなります。しかし、それに加えて女性目線という武器を加えることでより効果的になります。

男性と女性では、やはりモノの見え方が違います。同じような前職の経験や実績なら、残念ながら男性が優先されやすい傾向もあります。

経験と実績をアピールした上で、男性とは違う女性目線での考えやビジネスへの貢献をアピールすることができれば、企業もアナタに魅力を感じることでしょう。