50代の転職を有利にするため心構えと方法

就職・転職知識
スポンサーリンク

50代の転職は同業界から攻める

50代での転職者となると、企業側も未経験で1から育てる気などありません。求められるのは経験と実績です。

これまで自分が働いてきた業界での、経験と実績を最大限に活用しなければ、転職成功は難しいでしょう。

また、企業側としても一般社員ではなく、幹部クラスやプロジェクトマネージャーなどの管理職での採用を検討することが多いので、「人を管理する能力」も求められます。

転職の成功率を上げるためにも、同業界での経験と実績に加えて、マネージメント能力のアピールが不可欠になるでしょう。

未経験業界は茨の道

50代での未経験業界への転職は、はっきり言って茨の道です。転職者を企業が1から育てるには時間が圧倒的に足りません。

しかし、可能性が0と言う訳ではありません。未経験の業界であっても前職での経験やスキルが、何かしら共通・応用できるような業界であれば希望はあります。

経験やスキルが通用しない異業界であっても、高いマネージメント能力があれば、管理職としての働きを期待して採用してくれる企業もあるかもしれません。

長期戦は覚悟する

50代での転職は、一般的に企業で働ける時間が残りわずかとなっています。それゆえに企業側は相当慎重になり内定までにも時間がかかります。

また、募集求人も年齢による制限の為に数が多くありません。求人・転職サイトだけでなく、人脈を生かしたコネなども使い、広く情報を収集する必要があります。

スキルや経験もなく、管理職にもついていなかった場合は、残念ながら年収などは大幅にダウンすることでしょう。

50代での転職は、人手不足の現在でも相当厳しく、つらいものになるでしょう。多くの場合、転職活動は長期化すると覚悟しましょう。

しかし、これまでの経験と実績を認めてくれる企業はあるはずです。まずは、行動しなければ道を拓くことはできません。