30代の転職を有利にするため心構えと方法

就職・転職知識
スポンサーリンク

30代の転職は「不利ではない!むしろ有利」

30代以上の転職を不利だと感じる方は少なくないでしょう。しかし「新卒や20代と比べられると不利」というのは誤りです。むしろ30代こそ転職に有利な時期なのです。

20代と30代の転職者では、企業側としても求めているものが違います。多くの場合は「経験と実績」を重視して採用を行います。

企業によっては、社会人として経験を積んだ30代は、まだ経験の浅い20代以上の価値があるのです。

実績と経験によるメリットをアピール

同業種への転職なら「実績と経験」は、最大のアピールになります。しかし、ただ実績と経験を述べるだけでは効果はイマイチです。

自分の実績と経験が、応募企業の利益にどう繋がるのかを採用担当に伝えることが重要です。

自分という商品が、どのくらい価値があるのかを企業側が判断するのでなく、自ら売り込むことで年収アップやキャリアアップなども有利に進むことでしょう。

未経験業界は意欲が重要

30代の未経験業界への転職は、やはり若い世代に比べると不利になる場合が多いです。特に「何もわかりません。育ててください」という姿勢では採用は難しいでしょう。

未経験業界を目指すなら、自ら学ぶ姿勢を見せた上で、これまで働いてきた経験を活かすアピールを心がけましょう。

これまで働いてきた経験や知識が、全てムダになることなどありません。未経験業界でも経験を活かせる部分を見出し、企業側にそれを伝えることが重要です。

若い世代にはない価値を企業側にアピールすることができれば、未経験業界であっても30代の転職は不利にはならないでしょう。