ブラック企業の可能性が高い4つのキーワード

ブラック企業
スポンサーリンク

大量採用

大量採用を行っている企業が、ブラック企業の可能性が高い要因は、その募集背景にあります。

事業拡大を目的とした大量採用であるなら、企業成長をする為に必要と見ることができますが、人手不足による事業維持の場合は注意が必要となります。

事業維持が目的の大量採用の場合は、そもそもの企業の待遇が悪く離職率の高い可能性が高く、更に過剰な仕事量を押し付けられることによって、長時間労働を強制されてしまうかもしれません。

面接回数が少ない・即採用

企業による採用面接の回数が少ないというのは、前述した大量採用にも繋がってきます。また即採用ということになれば、そもそも誰でも良いと企業が考えています。

こうした企業は、人材の能力をそれほど重視していませんし、育成するつもりもない場合が非常に多いのです。

とにかく誰でもいいという企業は、従業員を使い捨てのコマのように扱うブラック企業である可能性が非常に高いのです。

休日が少ない

労働基準法では、毎週少なくとも1回の休み、また4週間を通じ4日以上の休日を与えるなどの「法定休日」が定められています。つまり実際は、1週間に2日以上の休日を与えなくても違法にならいのです。

現代では週休2日が一般的ですが、まだまだ年間休日数が極端に少ないブラック企業というのは、少なくありません。休日が少ない企業というのは、それだけ労働者を酷使していることになります。

企業を選ぶときの年間休日数の目安は105日です。なぜなら、法定労働時間をフルで働いた場合の年間休日が105日になるからです。これを下回っている場合は、どこかで時間外労働が行われていることになるのです

同属経営・家族経営

企業の重役や役職を同じ一族・家族で占めているような企業は、ブラック企業の危険性があります。

同属経営・家族経営の企業がなぜ危ないかというのは、成果を上げても「出世できない」「評価されない」傾向が強いからです。

社内規定も同属・家族に都合の良い方針ばかりなどの傾向もあり、従業員への待遇を考慮していない場合もあります。

これまで挙げたキーワードは、全てのブラック企業に当てはまるわけではありませんが、ブラック企業を回避するための一つの目安をして考慮しておいて損はないでしょう。