ブラック企業を辞めるべき3つの理由

ブラック企業
スポンサーリンク

長時間労働は人生の全てを奪う

ブラック企業の特徴として最も良く言われるのが、過剰な長時間労働です。

長時間労働は、身体と精神に多大なストレスを与え続けます。今は平気でも、歳を重ねるごとに確実に心身共に病んでいきます。

労働者の働く本当の目的は、「賃金を得ること」ではなく「賃金を得ることで生活を豊かにすること」ではないでしょうか?長時間労働により人生の貴重な時間を大量に消費され、身体も精神もボロボロにされた末に得た賃金で、生活が豊かになるはずがありません。

身体と精神が壊れてからでは、遅いのです。そうなってしまっては、会社からは切り捨てられ再就職も不可能になってしまいます。

ブラック企業は将来性がない

企業の将来性とは成長する見込みがあるかどうかです。

ブラック企業は、総じて離職率が高い傾向にあります。低賃金で過酷な労働を強いていれば、離職率が高くなるのは当然ですが、これにより企業の成長に不可欠な「人材」が育たないのです。

優秀な人材が一向に育たない企業は成長しません。離職率の高い企業は、いずれ成長できずに現状維持をするだけで精一杯になってきます。そして、その企業より優れたライバル社に潰されていくでしょう。

働く場所は必ずあります

「今の会社を辞めたら再就職ができない。」本当にそう思っていますか?

自分の会社の事業は、その会社だけしかできないわけではありません。同業他社が存在しない業界などありえないのですから、働く場所は必ずあります。

また、近年は少子化により、様々な業界で人手不足が深刻化しており、新たなチャレンジをするにも追い風と言えます。

過酷で未来もないブラック企業で働き続け、最終的に人生の全てが手遅れになる前に、一刻も早くブラック企業を辞めるべきなのです。