ブラック企業が潰れない理由とホワイト企業が潰れる理由

ブラック企業
スポンサーリンク

ブラック企業は働く人がいる限り潰れない

会社というのは利益を上げることが最大の目的となります。利益を上げるためにはどうすれば良いかと言えば、売上に対して掛かった費用が少なくなれば、利益は大きくなります。

売上に対して費用の大きな割合を占めているのが、人件費なのです。だから企業は、低賃金で働いてくれる人材を求めて、利益を大きくしたいと考え、結果ブラックと呼ばれる企業が量産されていきます。

「ブラック企業なんかで働かなければいい」と思う人が多いでしょうが、実際にはこうしたブラック企業で働く人はなかなか減ることがありません。

ブラック企業では、従業員を使い捨てのコマのように思っていますが、その分採用されやすかったり、応募条件も緩くなっています。低賃金で雇うことで大きな利益を生み出しているブラック企業は、劣悪な条件でも応募する人がいる限り潰れることがないのです。

ブラック企業がホワイト企業を潰す

同業界でブラック企業とホワイト企業がシェア争いをした場合、基本的にホワイト企業は負けてしまいます。

なぜなら、ブラック企業は低賃金で労働者を雇っているので、提供する商品価格をホワイト企業よりも圧倒的に安くできるのです。

ホワイト企業がそれに対抗するためには、よほど独自性のある付加価値の高い商品を提供しない限りは、価格で勝負するしかありません。そうなれば、そのホワイト企業も利益を確保するめに従業員の給料を下げて、ブラック企業となってしまうかもしれません。

ホワイト企業に転職したいと思いながら、ブラック企業で働いていると、自分自身が数少ないホワイト企業を潰していることになってしまうのです。

辞めないからブラック企業は増え続ける

日本では、多くの会社を渡り歩くことは、あまり良い印象を持たれない習慣が根付いています。ブラック企業はこれを利用して「すぐに辞めたらどこでもやっていけないぞ!」などと従業員に脅しをかけています。

直接的に言われなくても、社会の常識のような空気を生み出して、一度ブラック企業に入ってしまっても、すぐに辞める人は少ないのです。

我慢して働いていれば、いつか報われると信じて、頑張って働く従業員は多いでしょうが、ブラック企業で働いている限り報われることはありません。

なぜなら、ブラック企業は安い賃金で労働力を使っているからこそ、利益を上げることが出来ているからです。給料が下がることはあっても上がることありません。

自分の勤め先がブラック企業であると断言できるなら、すぐに辞めるべきなのです。辞めない限りホワイト企業は次々潰れて行き、ブラック企業は生き残り続けるのです。

働く自分自身がブラック企業を生み出している

ブラック企業が存在するのは、企業のせいではありません。そのブラック企業で働く従業員自身のせいなのです。

ブラック企業の給料が上がらないのは、景気が悪いとか業績が悪いとかではありません。利益を最大にできる人件費で、文句も言わずに従業員が奴隷のように働いてくれるから上げる必要がないのです。

今の待遇に納得していないなら、今すぐに辞めて転職活動などをするべきです。また、もし自分が会社にとって必要な人材であれば、辞めると言えば会社はあなたを引き止めるために、給料を上げてくれるかもしれません。

待遇というのは、自分から行動しなけば基本的には企業の都合の良いように決定されます。なぜなら、それが一番会社の利益になるからです。

ブラック企業という労働環境で、我慢して働き続けることは、結果として自分自身がブラック企業を生み出していることを理解しなけば、世の中からブラック企業が無くなることは一生ないと言えるでしょう。