仕事が合わないと感じた時の対処法

合わない仕事 就職・転職知識
スポンサーリンク

仕事が合わない感じるのは正常な反応である

人にはそれぞれ得意な事と不得意な事が存在します。仕事に対しても当然それは存在しており、営業職・接客業・研究職など世の中に存在する職業は、それぞれ全く業務内容が異なっており、人による適性差が出てくるのは自然なことなのです。

自分自身で合っていないと感じる仕事を続けていくことは、日々のストレスも蓄積も大きく、そもそも合っていないと感じながら業務をこなしていけば、パフォーマンスも低下していきます。

人と話すのが好きなのに黙々と単純作業をこなしていく仕事をしている、逆に人と話すのが苦手なのに営業職をしている人では、仕事が苦痛としか感じることができないでしょう。

適材適所という言葉があるように、自分に合っていない仕事を続けることは、ストレスが大きくなるだけでなく、やる気が出ないので効率も下がり、仕事の成果もでなくなっていきます。

仕事が合わないと感じるのは、ストレスを正常に感じている証拠であり、それを我慢するのは精神的にも肉体的にも自分にとって良くないことなのです。

業務内容が合っていない場合の対処法

仕事が合わないと感じる最も多い原因は、単純に業務内容が合っていないことです。日本人は我慢強い国民性のため、例え合っていない仕事であっても我慢して長期間続けている人も多いでしょう。

合わないと感じる仕事であっても長く続けると少しずつ慣れてくるのものです。しかし、それは仕事が合ってきたのではなく、ストレス耐性が上がってきただけであり、依然として日々感じるストレスは蓄積していきます。

自分にどんな仕事が合っているは、実際問題としてやってみなけばわからないものです。経験したこのない仕事をすることは恐怖を感じることもあるでしょうが、やってみなけば今の仕事と比較することができません。

企業に勤めているならば、思い切って部署の変更などを申し出てみるのも良いでしょう。自分の業務内容の変更が難しいならば、転職して新しい仕事に挑戦するのもオススメです。

合わないと感じる仕事を続けることは、精神と体力をすり減らしていくだけなので、我慢するのではなく自分がやりたいと思えるような仕事を探すことが重要なのです。

職場環境が合っていない場合の対処法

仕事内容ではなく、職場の人間関係や社風などが合わないと感じる場合は、はっきり言って今すぐにでも転職してしまった方が良いでしょう。

人間関係や会社の方針などは、1個人では容易に変えることが不可能に近いからです。仮になんとか変えようとしても、それには膨大な労力が必要となり、それに伴うストレスや疲労は相当なものとなるでしょう。

居心地の悪さというのは、仕事内容が合っていたとしてもモチベーション低下はもちろん、会社に行くのすら嫌になってしまい、最悪の場合、うつ病などの仕事自体ができない状態に追い込まれてしまうかもしれません。

仕事内容自体は自分に合っているのなら、その経験を活かして同業他社などに転職する方が遥かに容易であり、人間関係や会社の方針なども一新することができます。

転職は逃げであるという人もいますが、より良い環境を求めて転職することはごく当たり前の行為であり、それを非難する方こそが間違っているのを強く認識しておきましょう。

我慢は自分をすり減らしていくだけである

我慢していればそのうちなんとかなるという思考では、自分の置かれている状況は一向によくなることはありません。良くても現状維持であり、基本的には悪化していくことが圧倒的に多いのです。

やりたくもない仕事をやり、嫌な上司や同僚との人間関係に精神をすり減らされ、気づいたときには身体も精神もボロボロになっていたのでは、自分が生きている意味すらも無くなってしまうかもしれません。

我慢強いことは、日本社会では美徳のように語られることが多いですが、我慢しているということは、自分は損をさせられているのです。それに見合うだけの対価などがあればまた違うでしょうが、日々我慢している人は、自分がそれだけの対価を貰っているのかどうかを一度考えた方が良いでしょう。

モチベーションというのは、想像以上に仕事に影響を与えます。我慢を続けることでストレスによって仕事のミスも増え、成果を上げることもできなくなれば、サラリーマンであれば簡単にお払い箱になってしまいます。

自分に合っている仕事とは、自分が生き生きと取り組むことができ、余計な我慢をする必要もない仕事であり、日々ストレスを抱えながら嫌々するような仕事であってはいけないのです。

「1つの会社に尽くす」のが推奨されていたは、それに見合うだけの対価が昔はあったからであり、我慢することで自分の納得できる対価が得られないのなら、転職・独立などをもっと積極的に行っていくべきです。