ブラック企業を見抜くには面接が最大のチャンス

圧迫面接 就職・転職知識
スポンサーリンク

求職者も会社を面接する立場にある

面接と言うのは採用する側だけでなく、応募者も「この会社で働いても大丈夫か?」を判断する為の重要な事柄なのです。

そもそも求人票の情報だけでは、ブラック企業であるかどうかを完全に判断することは難しく、近年はさもホワイト企業であるかのように求人票に平然と嘘を書く企業も存在しています。

しかし面接では、その会社で働く社員と直接話ができるので、求人票では分からなかった応募企業の実態を判断することができます。

どんなに求人票を魅力的に見せていても、面接をするということは、直接顔を合わせることになるので、社員の表情や社内の雰囲気はもちろん、こちらの質問に対しての対応など、本当の意味でブラック企業を見抜く最大のチャンスでもあるのです。

面接官の態度に誠意はあるか?

まっとうな会社であれば、たとえ採用に至らなくても、応募者が自社の顧客になる可能性がある以上は、誠意を持った対応を行うのが普通です。

明らかに応募者を低く見て、高圧的な態度で接してきたり、家族構成や恋人関係などの選考と関係がない失礼な質問をしてくる場合は、ブラック企業である可能性が非常に高くなります。

面接官の態度というのは、そのまま実際の職場での接し方と見ることができます。一緒に働くかもしれない人物に対して、不快な態度や言動を取るような面接官であれば、辞退を検討しても良いかもしれません。

なによりもあなたが一緒に働きたいと思えない面接官であれば、例え入社したとしてもストレスの原因となってしまうかもしれません。

待遇・条件について正確に答えてくれるか?

面接の場で自分の待遇や給与などのお金の話をすることは、あまり良くないと言われることもありますが、それは大きな間違いであり、面接の場でこそ聞くべき事柄であるのです。

給料を貰って労働力を提供する以上は、雇用条件を明確にしておくことは当然のことであり、むしろこちらからの質問に対して、曖昧な返答や求人票の条件とズレたことを言うようであれば、ブラック企業と見ても良いでしょう。

昇給実績や有給消化率、残業代の支払いなど、雇用条件で気になる箇所については、遠慮なく質問をしましょう。もしそれを失礼などと言うような面接官であれば、到底まともな会社であるとは言えません。

雇用契約で労働者が条件を明確に把握できないのでは詐欺と同じです。入社して後悔しないように労働条件は明確にしておきましょう。

面接時は職場の雰囲気をチェックする

面接官をしっかりと観察することは、ブラック企業かどうかを見抜く上で重要ですが、社内をチェックすることも忘れてはいけません。面接はほぼ応募企業で行われるので、社内の雰囲気や従業員の働きぶりを見る絶好の機会です。

社内のデスクや廊下などがきれいかどうか、資料などが散らばっていないか、社員に活気があるかどうかなど、外からでは知ることができない貴重な情報が盛り沢山なので、しっかりと見ておくことをオススメします。

もし、来社してスグに面接会場に案内されて、あまり社内をチェックできない場合は、面接終了後に職場見学を申し出てみるのも良いでしょう。ホワイト企業であれば快く承諾してくるでしょうし、あなたに対する印象も良くなることでしょう。

逆に職場見学を断られる場合は、ブラック企業である可能性が大きく上昇します。採用されれば働くことになる職場の見学を断るという事は、見られたくない理由があるということです。

面接時は採用される事で頭がいっぱいかもしれませんが、ブラック企業かどうかを見極める上で、面接は最大のチャンスでもあるので、しっかりとチェックして、危ない会社だと判断したら躊躇なく辞退した方が良いでしょう。